ABOUT

German Yamane Potato

​ジャーマン山根ポテト

Drummer・Composer

1988年3月4日生まれ

幼少より音楽に興味を持ち、3歳にして自らの意思でクラッシックピアノをはじめる。

その後、日本のロックバンド XJapanのドラマーYOSHIKIの影響でドラムという楽器を意識、

その後ドラムに心酔していく。

高校在学中にドラムをはじめて以降は、ドラマーとしてドラム一色の人生を歩み始める。

10代で甲陽音楽院(バークリー音楽大学留学コース)に入学
在学中にバークリー音楽大学の単位を一部取得

卒業後は、大阪に拠点を置きながら、若くして数々の有名バンドのサポートドラマーとして活躍。

 

20代でその拠点を東京に移す。

【都内で路上ライブを毎日行う】という目標を打ち立て、
上京したその日から仲間と共に365日、日々渋谷などの路上でドラムを叩いたという伝説は、
彼の強固な意思とひた向きで熱いドラムへの情熱を感じさせるエピソードである。

そして、この路上ライブは彼の存在を強烈に東京の音楽シーンに印象付けることとなった。
松任谷由実 もまた、その路上ライブで彼のドラムに魅了された一人である。
(彼女は『彼ほど素晴らしいグルーヴを持つドラマーはそうはいない』と評し、彼らのライブに足を運んだ)

その後は、様々な音楽家たちと演奏を重ね、国内外でサポートドラマーとして名を馳せ現在に至る。

ロックやポップス系のみならず、ラテンやR&B、ジャズそしてビジュアル系など様々なジャンルに造詣が深い。


また、近年は更に音楽というジャンルの垣根さえをも超え、平面作品と音の紡ぐ空間芸術を模索。
ドラムとペインターとのコラボレーションによるライブペインティングイベントや、インスタレーション作品など数多く発表している。

まさにジャンルレスに様々なアーティストたちからの厚い信頼と人気を誇る引く手数多(あまた)の日本のドラマーである。

written by Yosuke Gunji

 

<過去のサポート、共演アーティスト>

 アンナ・リ・スタート/伊藤俊吾(キンモクセイ)/井上苑子/奥田健介(NONA REEVES)/小田ルイ

 加藤伎乃/加納奈美/倉井夏樹/倉井智佳子/古賀小由実/小林未奈/cock-a-doodles

 酒井学/千ヶ崎学(キリンジ)/高松豪/竹仲絵里/田中潤(ゲントウキ)/辻香織/堂珍嘉邦(CHEMISTRY)

 中嶌真平/成瀬ブルックリン/ナミヒラアユコ/

ハシグチカナデリヤ/はらかなこ/平田クミ/本夛マキ

 maaayo/Ryu Miho/Rachel Fukushima/Luxmi/縁(ふれる)/吉田拓也/渡辺翔太 他(50音順)

copyright © 2018 German Yamane Potato

All Right Reserved.